香典の相場


香典の相場についてですが、
友人や会社の同僚などの香典の相場の場合、
身内や親戚などの血縁関係とはまた違い、
故人の生前からの付き合い方や、親しさの度合いによって、
色々と変化してくるので迷ってしまうものです。


友人や知人の間柄だった場合の
香典の金額の相場についてですが、
一般的には、5千円から1万円程度と言われています。
もちろん中には2千円、3千円、
または、2万円、3万円と言う方もいる事でしょう。
ですが、一般的な香典の相場は上記のように
5千円から1万円のようですね。
これに加えて、供花料など別に渡すところもあります。


ご近所の香典相場の目安としては、
3千円から、5千円が一般的であると言われています。
もちろん、その場合に香典を出すのか、出さないのかは、
その方との生前の関係などで決まります。


会社や同僚の場合の香典の相場については、
勤務先の上司・同僚・部下や、
その家族が亡くなった場合には
香典を包み渡します。

その場合に香典を出すのか出さないのかは、
その方との関係、または、
今後の関係で決める事が多いと思われます。

香典の目安としては3千円から、2万円が一般的であり、
以外に幅の広さが感じられますが
やはり、生前の関係や、今後の関係が考えられると思います。

会社などの場合には、
自分の年齢などで変わる事が多々あるので、
十分な注意が必要であります。

同僚や会社の場合の香典の相場の目安

20代…3千円〜5千円
30代…5千円〜1万円
40代…5千円〜1万円
50代…5千円〜2万円


ここに書いた香典の相場は、
あくまでも個人的に集めた情報を
一般的に書いた目安ですので、
これに従って、包むものではなく、
あくまでも、皆様の参考にしていただければ幸いです。


香典も本来の持つ意味は、
その人その人の気持ちの問題の表れですので、
その時の状況やご自身の気持ちで判断する事が
とても大切ではないかと考えます。

また、会社や町会などで香典相場・金額が、
最初から決まっている場合もあります。
その場合はそれに従うように、周りに合わせる事も
大事なマナーになるのです。

日本人の習慣や一般的な常識の面からも
香典の相場などは、色々と口込みなどから
情報を得るのも必要でしょう。


香典の相場と金額


香典の相場と金額について考えてみようと思いますが、
香典をどれ位、いくら位包むかと言う事に関しては、
とても悩む場合もあり、他の誰かに相談する事もないでしょうし、
なかなか解決しがたい悩みでありますね。


香典の本来もつべき意味が、気持ちで出されるものであり、
金額の多いか少ないかを前提に考える事ではないのです。
しかし、ここ日本では、「しきたり」や「風習」が非常に強く、
香典の金額などは相場を考えながら決めていくことが多いです。
香典に入れる金額は故人やその家族との現在の関係や状況にもよるので
一概にどれだけの金額を入れるとは、決まってはいません。
口コミや情報から香典の金額を決める方も多いです。


間違っても、全く自分とは関係のない人の葬儀に
参列、弔問することやめましょう。
つまりは、お互いに、何らかの関係があり、参列しているわけであり、
関係はこれからも続くという前提が成り立つのである。
その、今後の付き合い方も考えるからこそ
香典の相場や金額を深く考えてしまうんですね。


世間一般の相場を知ることが出来れば、その相場を元に
香典の金額を決める、参考資料にはなりますね。

これからも、お付き合いをこなしたいと思うのは、
日本人の常識であり、当然な考えであります。
だからこそ、香典の相場や金額は
ある程度の情報を入れておくのも良いかと思われます。


では、その場合いくらぐらいお香典を出せばよいのでしょうか。
香典の金額と相場って、どれくらいなのでしょうか?
色々と調べてみました。

ごく、解りやすく、簡単に書いてみるとしたら
血縁関係が含まれる身内の関係なら香典の金額相場は1万円以上。
友人、親しい知人の場合、香典の金額相場は5千円から1万円。
ごく普通の顔見知り程度の付き合い方なら香典の金額相場は3千円。


もちろんこれは、おおまかな話であります。
現在、言われている、一般的なお話の中から記述してみました。


香典の金額と相場は、そこそこの地域によっても
色々と、違いがあるそうです。


前に相手から香典を頂いているならば、
その金額を参考にしてみるのが一番いいのかもしれませんが
香典の金額や相場は、時代時代で様々に変化するので
その時の状況判断も重要でありますね。

香典の相場と金額を考えるでした。